集英社ビジネス書

書籍情報
値段のカラクリ
ご購入はこちら
ISBNコード978-4-08-786002-3
四六判/224ページ 1,100円(本体)+税
2011/1/26発売
「これでわかった!! 値段のカラクリ」
著者:金子哲雄
試し読み
クリックで別ウインドウが開きます。
本当に“得な買い物“してみませんか?
 ここ数年、いわゆる「不況」が常態化して、低価格商品が脚光をあびています。次々登場する激安商品。いったいモノの値段はどうなっているのか、釈然としない方も多いことでしょう。
 この本はそんな疑問に答えるべく、あらゆる“モノの値段“にスポットをあて、さまざまな資料をもとに、金子哲雄独自の理論でその原価を算出し、価格構造を解明しています。
 取り上げたのは、カレー、牛丼、食べ放題、ハンバーガー、ラーメン、弁当などのB級グルメに、100均ショップ、スーツ、メガネ、ガソリン、生命保険、液晶テレビ、薬、ファストファッション、マンションなどの生活関連商品から、さらには海外ツアー、自動車、たばこ、キャバクラ&ガールズバーなどの趣味嗜好品などに至るまで。。
「値下げが激しい牛丼の値段は、ホントに儲けが出ているの!?」
「食べ放題って、どれだけ食べればモトが取れるの?」
「マンションや自動車みたいな高額商品は、どこまで値切れるの?」
「100円ショップの商品って、本当にお得なの?」
 誰もが思ったことのあるこの手の疑問にも、すべてお答えしています。
 読者のみなさんは、この本を読むことで、それぞれの商品の原価を知るとともに、原価を類推するための「考え方」も学ぶことができます。
 モノの値段の成り立ちを知ることは、世の中を知ることです。チラシや看板の煽り文に騙されず、本当に“得な買い物”してみませんか?
著者紹介
金子哲雄(かねこ・てつお)流通ジャーナリスト。1971年生まれ。慶應義塾大学卒業後、ジャパンエナジーを経てコンサルタントとして独立。年商20億円未満の中小企業を集中的にコンサルティングしてきた経験のもと、現利主義(現場に利益あり)を信条に、24時間密着取材を得意とする。「お金をかけずにお客を呼ぶ戦略集客学」などをキーワードに情報を発信。「国際値切りスト」の異名でおトクな買い物術も提案。「100年続いた商売は暴利多売」「小さくても世界で一番」などユニークな発言で、メディアや講演会などで活躍中。TBS系「ひるおび」「がっちりアカデミー」、フジテレビ系「ホンマでっか!?TV」、KBC(九州朝日放送)ラジオ「That's On Time」、JFN系「OH!HAPPY MORNING」等に出演。「告白は12時半、辞表は金曜。ベスト・タイミング・ブック」(マガジンハウス)監修。「『激安』のからくり」(中公新書ラクレ)、「ボクの教科書はチラシだった」(小学館)などの著書も
公式サイトhttp://www.marunouchi.net/index.html
ページの先頭に戻る

SHUEISHA Inc. All rights reserved.